お互いを認め合おう

女性同士の人間関係としてよく取り上げられるのは、ママ友あるいは近所のお母さん同士の間柄ではないでしょうか。
しかし、現代では女性の社会進出が多くみられ、いままで男性の多かった職場にもまとまった人数の女性が在籍するケースが増えてきました。そうなれば、もちろんここでも女性同士の人間関係が気になる部分となります。
女性に限らず、会社というのは様々な雇用形態で働く人が集まっている集合体です。各人が、様々な理由から自分でその雇用形態を選んでいます。女性は、男性に比べ集団で行動する意志が強いように思われます。そのため、ご飯や飲み会など交流の場では、女性というまとまりで行動をしていることが多いのです。それぞれが大人であり、今まで生きてきた中で培われた考え方のもとに今を創っているので、意見が合わなくなることもあると思います。結婚をしている、していない、子供がいる、いない等の個人的な違いも意見の相違にはつながりますし、下手をすればそれだけでもめてしまうケースも少なくないようです。
人間関係を円滑に進める方法は、相手を認めることです。もしも相手がこちらを認めておらず、意見の相違を指摘してきている場合も、こちらが言い返すのではなく受け入れることにより、少しでも穏やかな状況へ進むことが出来ます。あまりにも合わないなと思う場合には、少し距離をおくことも大切です。距離を置くからと言って挨拶などの常識的な部分には気をつけながら、情報の共有などは慎重になっていく程度でいいと思います。
余談ですが、以上の様な女性の問題に対し、たいていの男性は関わりたくないと思っている様です。