女性同士はとても複雑

女性同士の人間関係は難しいと思います。もちろん、男性同士や男女ミックスでも、人間関係で難しい問題を抱えていたりすることでしょう。
しかし、女性同志の場合は、問題がすべて微妙な感情のベールの下で展開しているので、同じ女性でないと知覚できない問題が潜んでいたりするので注意が必要です。
例えば、パートの女性従業員を統括する職場の男性リーダーは、外から「男の理屈」を使って女性従業員たちに潜む問題を把握しようとするので、理解できなかったり、誤解をしてしまったりしてしまうことも少なくないと思います。例えば、女性従業員の大半が嫌っていてる個性の強い「ボス」タイプの女性を、「積極的で周囲からも尊敬されていて職場で最も頼りになる」女性と間違えて、彼女を職場のリーダー役として優遇してしまうことなど、よくあると思います。彼には、自分の職場の女性パート従業員の出入りが何故極端に激しいのか、全く理解できていないのです。「ボス」的な女性が感情面をかき乱す陰湿ないじめを特定の従業員に行っている可能性など、考えもしないのです。しかし、決してその「ボス」の女性も、本質は決して強い性格の女性とは限りません。一対一で話をすると、彼女の弱さや孤独感がそこはかとなく伝わってくることもあるかもしれません。彼女の強い態度も、感情面での陰湿ないじめも、彼女の感情面の脆さの裏返しだったりして思わず同情してしまったりするかもしれません。しかし、そのことがどんな意味を持つのでしょうか。「給与などの待遇面は我慢できるが人間関係が良くない職場は即逃げ出した方が良い」と考えてしまう女性も少なくないでしょう。それぐらい女性同士にとって、人間関係は複雑かつ大切なのです。