考え方を変えてみよう

女性同士の人間関係は、複雑になりがちです。特に、職場での人間関係に気を使っている人も多いと思います。
1日の大半を過ごすことになる職場で苦手な人を作ってしまったら大変です。巷では、職場においてのコミュニケーション術として色々なHowToがあるようです。とにかく笑顔で接することとか、お局タイプにはこの対応法でといったようなものです。コミュニケーション術の書籍があふれているのも、人と関わることによる悩みは尽きないということでしょう。役に立ちそうなものは、色々活用してみましょう。
しかし、コミュニケーションは相手がどう受け止めるかが全てだということと、他人を変えることはできないということは覚えておいた方がいいでしょう。例えば、相手のことを褒めた時に、ストレートに受け止めて喜んでくれる人とそうではない人がいるのと同じ事です。褒めるという誰でも喜ぶはずのことをやっても相手によってはそうではないこともあるのです。素直に受け止めない相手になぜだろうと考えても時間の無駄です。受け止められないんだから、受け止められないだけなので深く考えないようにしましょう。また、素直に受け止めるように相手に変わってもらおうと考えるのも無駄な事でしょう。自分の褒め方が相手には伝わらなかったというのが事実なので、ほかに言い方はないだろうか、どうすれば伝わるだろうかと自分側で対策を練るしかありません。対策を練るのなんて嫌だと思うなら、相手に伝わらないのは仕方がないと思うようにしましょう。うまくいかない相手とは、関わることを諦めてしまえということではないので注意しましょう。相手側に期待するのではなく、自分が何をできるかを考えるようにすれば、他人が思い通りにならないイライラからは解放されるはずです。